SSブログ
新型コロナ ブログトップ
前の10件 | -

ワクチンを打てば打つほど感染しやすくなる [新型コロナ]

自分のための備忘録です。

接種する回数が多いほど死亡率が低い(このデータは65歳以上)という話が出ています。

しかし、↓の神奈川県の元データを見ると、打てば打つほど陽性者(感染者)が多くなっています。

kanagawa2.PNG

このデータは、発生届が出された65歳以上のもので、

1. 65歳以上の接種者は、未接種者より1.39倍陽性者が多い
2. 接種直後の「魔の2週間」は、他の接種者より2倍ぐらい陽性者が多い
3. 死亡率は未接種者の方がやや高い(理由不明)

となります。

まずは1番目。

・未接種者の陽性者 7,942人
・接種者の陽性者 140,305人

よって、未接種者が全体に占める割合は5.36%。

デジタル庁によると、神奈川県内の65歳以上の接種率は92.55%なので、未接種率は7.45%。

kanagawa31.PNG

よって、人口比で比較すると、7.45%÷5.36%=1.39倍だけ接種者が感染しやすくなる。
※「接種情報の記載なし」を除いても1.16倍。

次に2番目。

・接種14日以内(14日間)   6,847人+26人= 6,873人
・接種15~60日以内(46日間)12,992人+35人=13,027人

期間は14日と46日なので、1日当たりの陽性者数の比率は (6,873人÷14日)÷(13,027人÷46日)=1.73倍だけ接種直後の「魔の2週間」に感染しやすくなる。

ちなみに、このことはADBのデータでもほぼ同じ。

新型コロナのワクチン接種で「感染爆発」は起こるのか?

図4.PNG

また、浜松市のデータでも、接種者の方が感染しやすくなる。

すみませんが、3.の説明は省略します。

※内容を微修正しました。
コメント(0) 

新型コロナのワクチン接種で「感染爆発」は起こるのか? [新型コロナ]

前回の続きです。

国立感染症研究所では、オミクロン対応2価ワクチンの「有効率」を算出するのに、Test-negative designという手法を使っています。

詳細は、↓のアゴラの記事どおりです。

新型コロナのワクチン接種で「感染爆発」は起こるのか?


しかし、参考文献を読むと、この方法はワクチン「接種者」と「非接種者」では医療機関訪問のパターンが違うので、そのまま比較してはダメと書いてあります。

(2) vaccinees and non-vaccinees are inherently different in the likelihood of a medical visit (Fig. 1).

ソース Basic principles of test-negative design in evaluating influenza vaccine effectiveness


極めて初歩的なミス、と言うしかありません。
国立感染症研究所の職員は本当に大丈夫なんですかね?
まさか、分からなくてやっているとか…。

ただ、それが分からない、ADBの専門家メンバーがダメなことはよくわかりました。

コメント(0) 

ワクチン接種で陽性者が増える理由 [新型コロナ]

前回の続き。
3回目以降は「免疫寛容」ということになります。

コメント(0) 

新型コロナ死者数のワクチン接種回数別人数は?【追記あり】 [新型コロナ]

自分のため備忘録です。
新型コロナのワクチンは効果がない、というツイートが増えています。

私のリプは次のとおりです。

それにしても、左のグラフはひどいですよね。単純な足し算が間違っている。図には追記しませんでしたが、実は不明も1000件ぐらい抜けています。

なお、集計対象は2022年に自治体から通知があった数のようです。これも、根拠が「令和4年1月14日付事務連絡」とあるだけです。
この日は事務連絡が何通もあるので、どれだか探すのが大変です。
こういう場合は、常識的には件名も入れるのですが、なぜか抜けています。

参考です。

これも参考です。
上のグラフで3回目接種から70歳以上の入院が増えています。
それは、免疫力が低下するからなのかもしれません。

これまた参考です。

【追記】最後にとほほのツイートを追加します。

【再追】

コメント(0) 

21年春の超過死亡は1回目の接種が原因か [新型コロナ]

ワクチンの1回目接種は、公式には2021年4月14日から開始されています。
しかし、実際には、テスト的に2月末ごろから開始しています。

注意しなければならないのは、後期高齢者や高齢者施設など、高齢かつ脆弱な層から開始していることです。
このことは、接種の副反応で死亡する確率は、他の年齢層に比べて相当高いことを意味しています。

現実のデータでもこのことが裏付けられ、超過死亡は4月18日の週から増加していることが分かります。

超過死亡.PNG

よって、wakuwaku3さんの主張である「21年春の超過死は1回目の接種に先行」と言えないことは明らかです。
《参考》wakuwaku3さんの図3
Fj-46sFacAIzQIc.jfif

なお、データの出所は、副反応死亡疑い接種日(ファイザー)は厚労省データの12歳以上の死亡例の報告について (資料1-3-1)から、超過数死亡は日本の超過および過少死亡数ダッシュボードです。

これは単なる推測ですが、高齢者の脆弱層から接種したから死亡率が高く、施設で死亡したなら多くは「副反応死亡疑い」にはならない…可能性は否定できないと思います。

余談ですが、前者はCSVになってないので、PDF→Word→Excel貼付→ピボット集計をするしかなく、作業は結構面倒でした。

せっかくデジタル庁があるのだから、なんとかしてほしいものです…。

コメント(0) 

統計的に考えると、ワクチン接種はいいことない!? [新型コロナ]

自分のための備忘録です。
リプにあるバイオアスパラ氏のnoteは、今年前半の死亡原因の分析結果です。

死亡原因別統計の超過死亡の多い項目(2022年1月~6月)

この記事によると、最近の超過死亡については、循環器系を中心に軒並み急増していますが、呼吸器系(主に肺炎)だけはなぜか減少傾向です。

これは、超過死亡の原因は「医療逼迫」ではないということ示唆しています。
なぜなら、仮にそうだとすると、呼吸器系も他と同じペースで増えないとおかしいからです。

よって、この統計データを素直に解釈すると、本来の死因が肺炎だったものが「新型コロナに付け変わった」ということになります。

ワクチン接種と同時に超過死亡が増加していることを見ると、やはりワクチン接種が原因という可能性が高いというしかありません。

なお、これは日本だけの現象だけではなく、台湾や韓国でもワクチン接種後に超過死亡が急増しています。
また、ワクチン接種をすると、未接種者より「ウイルス量が増える」と言う報告もあるようです。
そしてまた、ワクチン接種後の「魔の2週間」では、未接種者の倍感染しやすくなるとされています。
よって、統計的に考えると、

1. ワクチン接種でウイルス量が倍増する
2. ワクチン接種後の「魔の2週間」で感染者が急増する
3. ワクチン副反応で、死亡者が急増する

ということになり、これは実データと一致しています[バッド(下向き矢印)]

以上がウソであることを祈るだけです[もうやだ~(悲しい顔)]

【参考】救急搬送件数

東京消防庁のサイトを見ると、今年の救急搬送件数は去年より17%増えています。ワクチン接種の正かどうかは不明ですが、これもちょっと驚きです[がく~(落胆した顔)]

shobocho.PNG

コメント(0) 

新型コロナ騒動もそろそろ終了? [新型コロナ]

最近になって、従来の専門家の見解に疑問を持つ人が増えています。
次はその典型です。

また、中日新聞によると、

「新型コロナウイルス感染の流行「第七波」で十五日までに公表された愛知県内の「コロナ死者」について、死因で第四波や第五波などでは顕著だった「コロナ肺炎」単独のケースは確認されていないことが、県への取材で分かった。

とあります。

chunichi.PNG
ソース:「コロナ肺炎」単独の死因はゼロ 愛知県内、第7波で

実は、これは「公然の秘密」のようです。
たとえば、読売新聞は「第6波の「コロナ死者」、3割の死因がコロナ以外…高齢者の持病悪化や老衰目立つ」と伝えています。

この記事によると、第6波では、3割から5割がコロナ以外の疾患で死亡しているそうです。

yomiuri.PNG

つまり…

第7波は、ざっくり陽性者が倍で重症は半減。単純計算だと、コロナ直接の死亡者は1割か2割となります。

nhk.PNG
ソース:NHK 第1波~第7波 感染者数グラフ

ということ。

上のNHKのグラフをよく見ると、重症者は「累計」ですが、死亡者は「新規」です。

これは、「重症より死亡が多い」ということで、常識的に考えても相当おかしいというしかありません!

誰もデータで反論しないところを見ると「公然の秘密」なんでしょうね。

事実かどうかは、陽性診断日を死亡日と突き合わせればすぐわかる話。そして、最近は診断日は非公開。

ワクチン接種者の方が未接種者より感染しやすくなると、(なぜか?)接種履歴が非公開になりました。

非常にわかりやすいです…。

なお、もう少し専門的な医療サイト「m3.com」でも、第6波については読売新聞記事とほぼ同じ内容です。

[本]「新型コロナ死亡者」3割以上の死因が他疾患、各県から報告

以下は、この記事の要約です。

《神奈川県》
・2022年1~2月に亡くなった陽性者312人の死因を調査
・主たる死因がCOVID-19だと判断できるのは166人(53.2%)
・主たる死因がCOVID-19以外の疾患や老衰と判断できるのが100人(32.1%)
・判断がつかないのが46人(14.7%)
・死亡時のCOVID-19の症状を調べた310人のうち、中等症が178人と最も多く、重症は120人

《千葉県》
・2022年1月1日~2月23日にCOVID-19による死亡と公表したのは176人
・79人は他疾患(COVID-19との合併症含む)が死因になっていると報告
・心不全などの心血管系疾患(31人)、誤嚥性肺炎などの呼吸器系疾患(27人)
・第3波に当たる2020年12月1日~2021年2月27日に公表した死亡者249人のうち、他疾患が死因に含まれるのは80人
・他疾患が含まれる割合は第3波で32%、第6波で45%と大幅に上昇

《岡山県》
・医師の判断により死因がCOVID-19関連か否かを集計
・第4波の2021年4~6月は91人中90人がCOVID-19関連と分類
・第6波の2022年1~2月には66人中45人と68.2%

いずれの県も、第6波の死亡者の大半が70歳以上の高齢者。

参考までに、いわゆる「反ワクチン本」も売り上げは好調のようです。
今日8/20の日経では、ベストセラー7位になっていました[グッド(上向き矢印)]

コロナワクチン 失敗の本質 (宝島社新書)

コロナワクチン 失敗の本質 (宝島社新書)

  • 出版社/メーカー: 宝島社
  • 発売日: 2022/08/10
  • メディア: Kindle版

新型コロナ騒動もそろそろ終了でしょうか?

コメント(0) 

5/11 第1回「新型コロナウイルス感染症対応に関する有識者会議」 [新型コロナ]

昨日11日に、第1回「新型コロナウイルス感染症対応に関する有識者会議」がありました。
どんな結論になるのかは、メンツと資料を見ればほぼ予想できます。

次が名簿です。

新型コロナウイルス感染症対応に関する有識者会議 構成員
(五十音順、敬称略)
秋池 玲子 ボストン・コンサルティング
草場 鉄周 日本プライマリ・ケア連合学会理事長
宍戸 常寿 東京大学教授
菅原 晶子 経済同友会常務理事
田中 雄二郎 東京医科歯科大学学長
永井 良三(座長)自治医科大学学長
古市 憲寿 社会学者
若林 辰雄 三菱UFJ信託銀行特別顧問

グラフはもっと笑えます。
見事に人出と新規感染者が反比例しているのです。

スクリーンショット 2022-05-12 204602.png

当然ながらのマスコミはほとんど無視ですね。
昨日も今日も、NHKの夜7時のニュースでは取り上げられませんでした。

岸田首相は、意外と「寝技」が得意なのかもしれませんね[わーい(嬉しい顔)]
コメント(0) 

新型コロナ “第6波”についてのよくある誤解 [新型コロナ]

昨日1月7日の新型コロナの新規陽性者は、全国で6000人を突破し、「倍々ゲーム」で急増中です。

nhk2.PNG
出典 NHKニュース

そこで、この新型コロナ “第6波”についてのよくある誤解を、自分自身の備忘録としてまとめてみました。興味とお時間がある方はどうぞ…[たらーっ(汗)]

【1】オミクロン株は感染力は強いが弱毒化?

確かに、感染力は強いようですが、大半は無症状で、重症や死亡はほとんど「ゼロ」らしいので、相当弱毒化している模様です。

○森田洋之さんの情報

アゴラの記事
オミクロン第6波に向けて日本人が知っておくべき4つのこと(前編)
オミクロン第6波に向けて日本人が知っておくべき4つのこと(後編)

○Yahoo!ニュース

空港検疫で新たに174人感染確認 一日の感染者数として過去最多

テレ朝.PNG

空港の検疫で新たに174人が新型コロナウイルスに感染していることが確認されました。
(中略)
18人は到着した時に発熱や喉の痛みなどの症状があったということです。
今後、感染者の検体は国立感染症研究所に送られ、オミクロン株かどうか解析が進められます。

→無症状者は全体の89.7%で、大部分がオミクロン株では?


【2】第6波はいつ収束?

現在の感染者数の「倍々ゲーム」が続けば、今月中に全日本人が感染することになります[わーい(嬉しい顔)]。そんなことはあり得ないので、たぶん今月中にピークアウトするはずです。

○藤原かずえさん

○私のツイート


【3】専門家の予測は必ず外れる?

最近も、AIによる予測が発表されました。
出典は、下のオミクロン株の感染力の強さによる新規陽性者数の変化です。

271597111_2294046680730567_4384769176108831945_n.jpg

しかし、昨日1月7日の陽性者は922人ですが、グラフによると1000人を突破するのは1月20日過ぎで、既に思いっきり外れてますね[バッド(下向き矢印)]
オミクロン株の実効再生産数は、デルタ株の「1.5倍」とありますが、実際は「20倍」なんだから、外れるに決まってます[exclamation×2]

平田氏は実効再生産数Rtを理解していないような気がしますね。

Rtは、簡易的には5日(感染→2次感染の平均期間)で感染者が何倍になるかという数字です。現在は倍々ゲームなので、この数字は2の5乗=32です。
だから、現在の感染者数を見ているなら、オミクロン株のRtがデルタ株(2程度)の1.5倍なのは、「あり得ない」数字なのです。

こんな高い数字はSIRモデルでは説明できないので、国立感染症研究所や西浦氏は沈黙していると思われます。

絶対に外れる予測を出すという神経が理解できません[眠い(睡眠)]

ひょっとして、「何もわかっていない」ってこと?

次は私の記事ですが、昔から専門家の予測が当たった試しがありません…[ちっ(怒った顔)]

新型コロナ 「8割おじさん」はなぜ間違え続けるのか


【4】永江氏の「山火事理論」は正しい?

なぜ毎回、専門家が予想できないピークアウトをしたのか。素人の永江理論をまとめました
kaji.jpg
この理論は、現実のデータをうまく説明しています。

日本では、1種類の変異種(株)の感染者数は、経験的には最大でも人口の1%程度です。ちなみに、現在の累積感染者数は約170万人で、日本の総人口1億2,600万人の1%強となっています。

以上の前提に基づいて試算すると、現在の感染者の「倍々ゲーム」は、1日の新規感染者が全人口の1%程度になった時点で、その後は自動的にピークアウトすることになります。

人口5,900万人の南アフリカでは、1日の新規感染者のピークは4万人弱なので、それから推測すると、ピークは最大でも8万人程度となります。もっとも、感染者の多くは20~30代なので、高齢化が進み、「ファクターX」があるとされている日本では、それよりは少なくなる可能性が高いです。

ところで、常識的に考えると、ウイルスが増えれば、それに比例して感染者は増加するでしょう。つまり、感染爆発が起こると、いままでは感染しないような人も感染するはずです。

ピークアウトするときには、このメカニズムの歯車が逆回転を始めます。つまり、感染しやすい人はほとんどいなくなっているので、急増した後には急減することになり、ピークを中心にグラフがほぼ左右対称になることとうまく整合します。

なお、これは私の独創ではなく、一昨年から専門家が言っていることです。

mhlw.PNG
出典 厚労省ホームページ


【5】ワクチンの効果は?

データから判断する限り、明確なメリットは見たあたりません[もうやだ~(悲しい顔)]

きちんと説明すれば、

a. ワクチン接種後に、未接種者より2倍感染しやすくなる「魔の2週間」がある

b. ワクチン接種後は、未接種者よりウイルス排出量が増え、2次感染を促進する

c. 東京都のオミクロン株感染者は、約7割がワクチン2回接種済み

d. 海外では、ワクチンはオミクロン株に逆効果

e. ワクチン接種開始直後に超過死亡が急増
exdeath2109-2.png
出典 日本の超過および過少死亡数ダッシュボード

しかし、こんな小難しい話より、オミクロン株の感染爆発で、ワクチン推進派が続々と“寝返っている”ことを取り上げれば十分でしょう。

◎おまけ

いくつかツイートを紹介しておきます。

なお、次の藤川さんのツイートを参考文献として利用させていただきました。m(._.)m

コメント(0) 

新型コロナとワクチンの「本当のこと」がわかる本 [新型コロナ]

久しぶりの、新型コロナの投稿です。


疑似科学批判の常連が書いているというので、ちょっと中身をチェックしてみました。
著者を調べてみたところ、ウイルス感染症についての査読あり英語論文(第一著者)を書いた人は誰もいません(ウイルス学、免疫学が専門だという峰宗太郎氏も、新型コロナの論文はなし)。
つまり、全員「素人」なので、この本は「一般書」というしかないでしょう。

言い換えれば、他の本に比べて特に信頼性が高いわけではありません。
よって、この本の内容を信じるなとまでは言いませんが、科学的な根拠にすることはできないでしょう。

以下、気が付いた点をランダムに書いておきます。

【Q10】 PCR検査は新型コロナウイルス以外のウイルスも検出してしまう 答え:検出されません
→死んだウイルスも検出してしまいます
この項目は峰宗太郎氏が執筆していますが、検出するのは「新型コロナウイルス由来」のDNAと書いています。確かに、ウソは書いていませんが、死んだウイルスのDNAも検出すると書いてないのは、詐欺に近いでしょう。
なお、Q08には、「感染性を失ったウイルスでも反応する塩基配列が残っていればPCR検査で陽性になります」とあります。

【Q29】 新型コロナワクチンの有効率90%超は、数字のトリック? トリックと言っているほうがトリックです
→いいえ、トリックです。3か月ぐらいで逆効果になります。つまり、ワクチンを打つと新型コロナに感染しやすくなるのです[もうやだ~(悲しい顔)]

【Q14】 イベルメクチンは、新型コロナにウイルスに効果がある? 答え:現状、その効果は証明されていません
→実データでは効果が現れていますが、この項目には何の記述もありません。

日本発「イベルメクチン」 インドがコロナ治療で感染者数減もWHO「反対」のナゼ
hanaki.PNG
本当に効果があるかどうかは別として、これで「脚気」の話を思い出す人も多いでしょう。

日露戦争で、海軍は麦飯を採用したので脚気はほとんど出ませんでしたが、陸軍はビタミンBに乏しい白米食に固執して、戦死者に匹敵する病死者を出しました。
現在でこそ、脚気はビタミンBの欠乏が原因であることがわかっていますが、当時はビタミンBは発見されてないので、そもそも効果を証明しようがないからです。

この項目の執筆者は、日本陸軍の失敗を正当化したいのでしょうか?
経緯は、吉村昭氏が丹念に取材した結果が「白い航跡」に書かれています。

白い航跡〈上〉

白い航跡〈上〉

  • 作者: 吉村 昭
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2021/12/31
  • メディア: 単行本


また、多くの著者が関わっているせいか、矛盾する記述も目立ちます。たとえば、次の二つの項目は明らかに矛盾しています。

《Q12》 新型コロナワクチンの治験はまだ終わっていない? 答え:安全性はすでに十分に確認されています
《Q27》 なぜ、新型コロナワクチン接種後の死亡例は因果関係不明が多いのか 答え:調査にはたくさんの時間がかかるからです

→「新型コロナワクチン接種後の死亡例は因果関係不明」なら、「安全性はすでに十分に確認されています」とは言えないですが…。よくわかりません。

なお、現在では厚労省も心筋炎との関連は認めています。

いくらなんでも、これではミスが多すぎるでしょう[むかっ(怒り)]
結局、この本は、既にワクチン接種をした人が、自分が正しいことを納得させることが目的ということでしょう。それはそれで、心理学的には十分意味があることだと思います、科学的に正しいかどうかは別として…[たらーっ(汗)]

コメント(0) 
前の10件 | - 新型コロナ ブログトップ