SSブログ

アメリカ人の6割以上は自分の血液型を知っている! [血液型と性格の無関連性]

以前に紹介した論文[本]

血液型と性格の無関連性――日本と米国の大規模社会調査を用いた実証的論拠――
心理学研究 Vol. 85 (2014) No. 2 p. 148-156
縄田 健悟 (京都文教大学)
[https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjpsy/85/2/85_85.13016/_article/-char/ja/]
本人自身の紹介のページ
[http://nawatakengo.web.fc2.com/works/jjp2_abst_jp.htm]

の元データには、アメリカ人が自分の血液型を知っている比率が掲載されています。
それによると、2005年に大阪大学が実施したこの調査では、アメリカ人4907人のうち、自分の血液型を知っていると回答したのが3108人、知らないと回答したのが1799人です(無回答を除く)。
ですので、アメリカ人が自分の血液型を知っている比率は予想以上に多く、63.4%と過半数です。
意外と知られているものなのですね。[グッド(上向き矢印)]

【調査の概要】
調査代表者:筒井義郎
共同グループ名:大阪大学21世紀COE・池田新介・大竹文雄
抽出方法:男女を人種別に抽出し、国勢調査区分の人口統計データに合わせた
抽出台帳:調査機関の回答者会員組織
調査方法(モード):郵送法
調査員:民間調査機関
調査開始年月:2005年2月
母集団地域:アメリカ合衆国全土
母集団性別:男女
母集団年齢:18 - 99
標本数:8928
回収数:4979
回収率:55.77%
[http://srdq.hus.osaka-u.ac.jp/]

というか、そうでもないと「血液型ダイエット」が流行るはずもありません。
ちなみに、理由は次のとおりです。

Q51: Underwent a blood test in the last 12 months
(過去12ヶ月の間に血液検査を受けましたか)
・Yes, as part of a periodic test 2961人(60.1%)
(はい、定期検査の一部として)
・Yes, because of suspicion of disease 214人(4.3%)
(はい、病気が疑われたので)
・No 1754人(35.6%)
(全回答4979人のうち有効回答4929人)

結局、アメリカ人のほとんどが自分の血液型を知らないというのは、単なる都市伝説に過ぎなかったことになります。なんだかなぁ。[ふらふら]

ちなみに、回答者の血液型は

A 1039人(33.4%)
B  460人(14.8%)
AB 229人(7.4%)
O 1380人(44.4%)
(不明は1799人)
計 4907人

となっています。

縄田さん、ありがとうございます。

【追記】
O型とAB型の比率が逆でしたので訂正しました。ssfsさん、ご指摘ありがとうございました。
コメント(1)  トラックバック(2) 

コメント 1

ssfs

おー、アメリカ人はAB型が44.4%も! あ、あれっ?
by ssfs (2014-07-13 09:03) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 2