SSブログ

ミトコンドリア・ハプログループD4a1は本当に渡来系なのか?【続】 [ゲノム解析で古代史]

前回からの続きです。

日本人になった祖先たち DNAから解明するその多元的構造 (NHKブックス)

日本人になった祖先たち DNAから解明するその多元的構造 (NHKブックス)

  • 作者: 篠田 謙一
  • 出版社/メーカー: NHK出版
  • 発売日: 2007/02/24
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

↑第5章の最初にあるグラフ↓ですが、中国の数値(D4→黒にの背景に白字)が全部間違っている模様です[たらーっ(汗)]

shinoda0.png

元の論文は、巻末の参考文献から探すと、どうやら"Phylogeographic Differentiation of Mitochondrial DNA in Han Chinese"だと思われます。

さて、このTable 4↓のD4(赤線)の中には、D4kという値がありますが、これには"D minus D5 is taken as a proxy for D4"と注釈(下の赤のアンダーライン)があり、つまりD4の値そのものです。

shinoda.png

奇妙なことに、この値をD4の各サブクレードの合計に加えてしまっているようで、本来の値のちょうど倍になっています。例は次のとおりです。


・D4の値は38.2%ですが、正しくは19.1%?


・D4の値は35.2%ですが、正しくは17.6%?
・D5の値(青線)は6.4%ですが、5.9%が正しい?

③④
・D4の値は本来の値のちょうど倍?

また、このグラフにはサンプルサイズが書いてないのです。
元の論文では、1カ所について50人程度なので、さすがにこれでは少なすぎ?

ひょっとして、旧版からもそのまま?

また、ハプログループDは「弥生時代になって日本に入ってきたと考える方が自然」とありますが、これまた間違いのようです。というのは、縄文人にもあるから↓です(赤)。

Diversity in matrilineages among the Jomon individuals of Japan
Fuzuki Mizuno et al.
Annals of Human Biology 2023
https://doi.org/10.1080/03014460.2023.2224060
mizuno.png

大丈夫なのかな?

なお、日本のデータについては、本人も執筆者になっている"Mitochondrial Genome Variation in Eastern Asia and the Peopling of Japan"と思われます。
サンプルサイズは1312のようです。

2004年発表ということだから、20年近く前のデータです。いくらなんでも、古すぎでは?
現在のデータを見ると、D4はこの論文の32%より少し高くなっているようです…。

本当に大丈夫なのかな?


コメント(0) 

ミトコンドリア・ハプログループD4a1は長生きなのか? [ゲノム解析で古代史]

前回の記事に関連して、面白い論文を見つけました。

ミトコンドリア・ハプログループD4aは長生きのマーカーだというのです。
ひょっとしたら、水田稲作に向いているのかもしれません。

Mitochondrial DNA Haplogroup D4a Is a Marker for Extreme Longevity in Japan
Erhan Bilal et al.
PLOS ONE 2008
https://doi.org/10.1371/journal.pone.0002421

pone.0002421.g004.png

それなら、弥生時代になってからD4a1が急増した理由も納得です。

また、中国でも同じ結果が報告されています。

Association of Mitochondrial DNA Haplogroups with Exceptional Longevity in a Chinese Population
Xiao-yun Cai et al.
PLOS ONE 2009.
https://doi.org/10.1371/journal.pone.0006423

別な論文も見つけました。

Relationship between mitochondrial haplogroup and psychophysiological responses during cold exposure in a Japanese population
TAKAYUKI NISHIMURA et al.
Anthropological Science 2011.
https://doi.org/10.1537/ase.101009

この論文によると、ハプログループD4は寒さに強いそうです。

どれが本当なのかな?
コメント(0) 

ミトコンドリア・ハプログループD4a1は本当に渡来系なのか? [ゲノム解析で古代史]

前回の記事では、通説では渡来系とされているD4a1↓は、意外と現代日本人に多いと書きました。
D4a1.PNG

常識的に考えると、このハプログループが朝鮮半島由来だとすると、日本人よりは割合が高いはずです。

そこで、現代日本人と現代韓国人の割合を調べることにします。

とは言っても、ハプログループD4a1に限定するのは難しいので、D4の割合を調べてみました。

日本人についてですが、このサイトによれば、篠田謙一氏『日本人になった祖先たち』に、D4は32.61%とあるのだそうです。

haproD4.PNG

日本人になった祖先たち DNAから解明するその多元的構造 (NHKブックス)

日本人になった祖先たち DNAから解明するその多元的構造 (NHKブックス)

  • 作者: 篠田 謙一
  • 出版社/メーカー: NHK出版
  • 発売日: 2007/02/24
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

韓国人については、とりあえず英語版Wikipediaなどで調べてみたところ、2つのデータが見つかりました。

1. The Peopling of Korea Revealed by Analyses of Mitochondrial DNA and Y-Chromosomal Markers
Han-Jun Jin et al.
PLoS One. 2009; 4(1): e4210.
https://doi.org/10.1371/journal.pone.0004210
The highest (23.8%) frequency in the Korean mtDNA pool was observed for haplogroup D4, which is widespread in northern East Asia and especially in the Korean-Chinese (21.6%), and Manchurians (20.0%). In total, haplogroup D lineages including the subhaplogroups (D4, D4a, D4b, D5, and D5a) accounted for 32.4% of the Korean mtDNA pool.
→23.8% (185人を調査)

2. Phylogeographic Analysis of Mitochondrial DNA in Northern Asian Populations
Miroslava Derenko et al.
American Journal of Human Genetics 2007
https://doi.org/10.1086/522933

haproD4k.PNG
→32.0% (103人を調査)

なんと、どちらも日本人の32.61%より割合が低いのです!
※1より2の方がサンプルが少ないので、2の32.0%という数字は高めに出ているかもしれません…。

1によると、半島から北に行くほど割合が低下するので、日本→朝鮮半島→中国大陸というルートの方がありそうです。

また、D4a1の発生は1万年ぐらい前と推測されていますが、当時は事実上無人だった朝鮮半島で発生するとは考えにくいです。

これらのことから、渡来系とされているD4a1は、もともとは縄文人の住んでいた日本で発生した可能性が高いと思われます。

だんだん馬鹿馬鹿しくなってきますね。
なんだかなぁ~。

コメント(0) 

現在までの縄文人のミトコンドリア・ハプログループ [ゲノム解析で古代史]

自分のための備忘録です。
現在までの縄文人のミトコンドリア・ハプログループをまとめました。
それにしても、2023年の水野文月さんの論文はすごいですね。

ところで、WikipediaでハプログループD(英語版)を見ると、結構日本が多い。
特に、通説では渡来系とされているD4a1↓は、意外と現代日本人に多く、
D4a1.PNG
おそらく日本列島が起源ではないかと思うんですが、これだけではなんとも言えませんね。

○学際的研究で明らかにする関東地方縄文時代人の人類学的・考古学的実像
安達登,坂上和弘,澤田 純明
科研費研究成果報告書 2013
https://kaken.nii.ac.jp/ja/file/KAKENHI-PROJECT-23570280/23570280seika.pdf
kanoto.PNG
※↑左のグラフの関東縄文時代人のD4は11人(56人×19.4%=11人)のはずなのですが、2023年の水野文月さんの論文のリストには含まれていないようです。ひょっとしたら、これがD4a1?

kanto2.PNG

○佐世保市岩下洞穴および下本山岩陰遺跡出土人骨のミトコンドリアDNA分析
Anthropological Science (Japanese Series)
篠田謙一,神澤秀明,角田恒雄,安達登 2017
下本山2号(女性M7a1a4)及び3号(男性D4a1)
https://www.jstage.jst.go.jp/article/asj/125/1/125_170509/_pdf

○西北九州弥生人の遺伝的な特徴―佐世保市下本山岩陰遺跡出土人骨の核ゲノム解析
Anthropological Science (Japanese Series)
篠田謙一,神澤秀明,角田恒雄,安達登 2019
下本山2号(女性 mt:M7a1a4)及び3号(男性 mt:D4a1, Y:O)
https://www.jstage.jst.go.jp/article/asj/127/1/127_1904231/_pdf

○鳥取県鳥取市青谷上寺地遺跡出土弥生後期人骨のDNA分析
国立歴史民俗博物館研究報告
篠田謙一・神澤秀明・角田恒雄・安達登 2020
https://rekihaku.repo.nii.ac.jp/record/2531/files/kenkyuhokoku_219_11.pdf
青谷上地寺0.PNG
青谷上地寺1.PNG
※この報告書には、渡来系が多いとありますが、Y染色体もミトコンドリアも、その多くが縄文人にもあるタイプのようです。

○鹿児島県宝島大池遺跡B地点出土貝塚前期人骨のDNA分析
国立歴史民俗博物館研究報告
神澤秀明,角田恒雄,安達登,篠田謙一 2020
大池1号 M7a1a
https://rekihaku.repo.nii.ac.jp/record/2539/files/kenkyuhokoku_219_19.pdf

○鳥取県鳥取市青谷上寺地遺跡出土弥生後期人骨の核DNA分析
国立歴史民俗博物館研究報告
神澤秀明・角田恒雄・安達登・篠田謙一 2021
https://rekihaku.repo.nii.ac.jp/record/2670/files/kenkyuhokoku_228_24.pdf
青谷上地寺2.PNG
青谷上地寺3.PNG

○鹿児島県徳之島所在遺跡出土人骨のミトコンドリアDNA分析
国立歴史民俗博物館研究報告
篠田謙一・神澤秀明・角田恒雄・安達登・竹中正巳 2021
https://rekihaku.repo.nii.ac.jp/record/2687/files/kenkyuhokoku_228_41.pdf
徳之島.PNG

○鹿児島県内出土縄文人骨のミトコンドリアDNA分析
国立歴史民俗博物館研究報告
篠田謙一・神澤秀明・角田恒雄・安達登・竹中正巳 2021
https://rekihaku.repo.nii.ac.jp/record/2681/files/kenkyuhokoku_228_35.pdf
鹿児島県内.PNG

○茨城県教育財団文化財調査報告第446集
下河原崎高山古墳群2
令和2年3月
上河原崎・中西特定土地区画整理
事業地内埋蔵文化財調査報告書6
骨番号512 不明
骨番号593 D4j?
骨番号594 G2
骨番号595 D4a?
骨番号611 A
骨番号871 D4e
骨番号963 D4
骨番号1015 D4
https://sitereports.nabunken.go.jp/files/attach/36/36886/71156_1_%E4%B8%8B%E6%B2%B3%E5%8E%9F%E5%B4%8E%E9%AB%98%E5%B1%B1%E5%8F%A4%E5%A2%B3%E7%BE%A4%EF%BC%92.pdf
下河原崎高山.PNG

○本土日本人の起源の解明:弥生時代のゲノム解析
水野文月
科研費報告書 2019
https://kaken.nii.ac.jp/ja/file/KAKENHI-PROJECT-17K07588/17K07588seika.pdf
(データなし)

○Population dynamics in the Japanese Archipelago since the Pleistocene revealed by the complete mitochondrial genome sequences
Fuzuki Mizuno et al.
Scientific Reports 2021
https://www.nature.com/articles/s41598-021-91357-2
41598_2021_91357_Fig2_HTML.jpg

○Diversity in matrilineages among the Jomon individuals of Japan
Fuzuki Mizuno et al.
Annals of Human Biology 2023
https://doi.org/10.1080/03014460.2023.2224060
mizuno.png

○Northeastern Asian and Jomon-related genetic structure in the Three Kingdoms period of Gimhae, Korea
Pere Gelabert et al.
Current Biology 2022
https://www.heas.at/wp-content/uploads/2022/06/Gelabert-et-al.-2022_compressed.pdf
current biology.PNG
※この論文には、金海の人々は縄文人と紅山文化人との混血とあり、後者のY染色体のハプログループNが67%と過半数になるはずが、示されているデータにはNがありません。また、紅山文化人のミトコンドリアのデータは見つからないようなので、「混血」の根拠が不明です。逆に、弥生人とするなら、どちらも一致するため、すっきりと説明できます。
コメント(0) 

知り合いが血液型のAIを作りました [サイト紹介]

知り合いが、血液型のAIを作ったので紹介します。
redGPT : https://gptbots.ai/s/cMLaX4uB

基本は中国語ですが、英語も日本語も使えるとのことです。
すごいなぁ。
バチバチ。

wongai.JPG
コメント(0) 

藤川賢治さん マスク社会に終止符を!!:コロナとワクチン、統計情報のトリックを曝く [新型コロナ]


マスク社会に終止符を!!:コロナとワクチン、統計情報のトリックを曝く

マスク社会に終止符を!!:コロナとワクチン、統計情報のトリックを曝く

  • 作者: 藤川 賢治
  • 出版社/メーカー: 花伝社
  • 発売日: 2023/08/23
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

知り合いの藤川さんが新著を出したので、紹介します。
おめでとうございます!

コメント(0) 

ニデック(旧・日本電産)社長の永守重信さんはO型 [サイト紹介]

ニデック(旧・日本電産)の社長の永守重信さんはO型なんですね。

nidec.JPG

やっぱりねぇ~という感じです。

ちなみに、フォーブス世界長者番付2023によると、資産は日本で7位です。
日本人の10位までの血液型判明者は、これでO型6人となります。

1位(39) O 柳井正 ファーストリテイリング(ユニクロ) $32.6B
2位(69) O 孫正義 ソフトバンク $22.4B
3位(77) ? 滝崎武光 キーエンス $21.0B
4位(317) ? 高原豪久 ユニ・チャーム $7.2B
5位(748) ? 重田康光 光通信 $3.8B
6位(766) O 永守重信 日本電産 $3.7B
7位(787) O 三木正浩  ABCマート $3.6B
8位(787) O 野田順弘 オービック $3.6B
9位(852) O 三木谷浩史 楽天 $3.4B
10位(878) O 似鳥昭雄 ニトリ $3.3B
コメント(0) 

ちびまる子ちゃんの登場人物の血液型が朝日新聞に載っていた [新聞・雑誌]

旧聞になりますが、ちびまる子ちゃんの登場人物の血液型が朝日新聞に載っていたのを発見しました(2023.6.2付記事)。

chibimaru.JPG

ともぞうじいちゃんだけO型(確かに!)で、他は全員A型なんですね[わーい(嬉しい顔)]
コメント(0) 

血液型別のトリセツ [動画]

YouTubeを見てたら、血液型別のトリセツを見つけました!
B型のトリセツが一番アクセスが多いのには思わずクスッ。

B型のトリセツ.PNG

O型のトリセツ 20万回
A型のトリセツ 16万回
B型のトリセツ 23万回
AB型のトリセツ 14万回

ちなみに、歌っている本人はO型だそうです。
コメント(0)